管理人ブログ

可愛らしい女性起業家に会って来た。

更新日:

なぜHISのガイドマッチングサービスTravee(トラビー)は終了したのか

 

上記、リンク先は旅行代理店を検索していたところ見つけた記事なんですが
筆者の洞察力そして熱量が伺えました。

その筆者こそ、和旅合同会社の代表である「いーはー」さん事
伊原あずささんです。

先日、この記事を見つけてその日にアポ取って
翌日お会いしてくれたフットワークの軽い代表でした。

事業内容は訪日外客人の現地ツアーで名前は

うえの女子ツアー

創業2019年6月13日と日が浅く、これからって雰囲気の企業です。

そんな彼女がTravee(トラビー)について記事にしているので気になる人は読んでください。

 

Traveeって?

 

そもそもTravee(トラビー)っていうのは
インバウンド(訪日外客人)と現地の人を繋げて
ナビゲートする感じのサービスで世界の人と旅をするのが目的。

そこで大手旅行代理店のHIS。

Traveeっていうサービスが2017年に立ち上がって、
わずか2年。
今年の2月28日にサービス撤退っていう記事を見た。

年々、日本にくる外国人が増えてきているのは実際に肌で体感していると思う。

特に京都、大阪や東京といった観光名所がずらりと並ぶ街だったりする。

実際に先日京都に行ってみたが、
アジア系の人が多かったのは事実。

それなのにどうして撤退したのか…迷宮入りです。

 

インバウンド(訪日外客人)

 

今後のインバウンドはどれほどの規模なのかというと、
政府の目標は2020年4,000万人
2012年6,000万人と言われています。

去年2018年では訪日外客数が3,000万人を超え、

と!!

70%21,000,000人以上がアジアの国となっています。

つまり、来年の東京オリンピックで
更に1,000万人の増加目標なので
旅行系のサービスは需要が見込まれると思ってます。

 

8K体感する絶景旅アプリ

 

そこで旅行代理店を大手から中小まで調べてみましたが、
多すぎたので諦めました草

特に最近旅系のアプリが流行ってきていて、
最近ピンときたのはAmebaTVかNewsPicsで話題に上がっていた
ビジュアル重視の旅行プランアプリ「8xplorer

 

個人旅行UXの世界を変えたい。
絶景画像から旅行先を選ぶ。
ビジュアル重視の旅行アプリ。

 

など、キャッチコピーが並ぶので
やっぱりライターだから意識しちゃうけど
とりあえず面白そうなサービスだなって思った。

一緒に働いて、どんな世界が待っているのか体験したいというか修業したい!!
※8Kっていうのは肉眼レベルって感じ

理由

 

で、今回の趣旨であるインバウンドだけれど
多分これとマッチするかもしれないと思った理由は

言語の壁でも無く
人と人を繋げる小難しさも無く
シンプルに写真だけで旅行が楽しめる

ってトコロよ。

 

終わりに

これからは理論とか理屈が通用しない世界になる思ってる。

当たり前ってやつね。

5Gとかいう多発同時接続だっけ。
そういう世界が来た時、ブログも動画も写真も一気に変わるんだろうな~。

ハリーポッターを見た人は分かるかもだけど、
新聞紙に映っている写真が動画みたく動いてる
って時代は目の前まで来てる。

そういう旅行アプリを目指しているのが
多分、「8xplorer」だと思う。

いーはーさんの今後も期待しつつ、
旅行っていうあなただけの「旅」を探してみませんか?

Copyright© AraYuru , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.